規模で単価が変わる | 貸事務所で快適オフィス|スマイル満開の職場の顔を作る

規模で単価が変わる

パーテーションで区切られたオフィス

賃貸事務所は借りる規模で単価が変わります。

オフィス移転や新規にオフィスを立ち上げるときに賃貸事務所を借りることを検討する事業主の方も多くいると思われます。賃貸事務所を借りるときには検討することはたくさんありますが、広さもその一つではないでしょうか。将来的に何人くらいの規模のオフィスにするかによって借りる事務所の広さは変割ってくるのではないでしょうか。一般的に賃貸事務所はその規模によって坪単価が変わってくる傾向があります。大規模ビルであるほどその坪単価は高く、小規模になるほどその坪単価は安くなる傾向があります。例えば東京都心の中央区八重洲周辺で250坪以上の大規模ビルを借りる場合、25坪未満の小規模ビルの坪単価と比べると2倍程度と差が出てきます。

事務所を貸し出すというサービスが始まったのはいつ頃か

今では賃貸事務所は多くの事業者に利用されておりその認知度はとても高くなっているでしょう。またこれから新しく事業を立ち上げようとする人の中にも賃貸事務所を借りることを検討している人もかなりいるのではなおいでしょうか。このような賃貸事務所の歴史を見てみると、今のような形になったのは1980年代ごろと言われております。ある企業が自社ビルの地下室の一室に電話や机やFAXなどのオフィスに必要な設備を整えて個室として貸し出すようになりました。また東京の百貨店でも時間設定をして個室を貸し出すというサービスもあったようです。このように道具だけでなくオフィスとして整備された部屋丸ごとを貸し出すサービスが始まったのであります。